月別アーカイブ: 2017年8月

大切な自身の現状理解

Published / by 管理人

法律事務所が実施する無料相談の活用のメリットとして、借金問題解決の糸口となるのみならず、弁護士との質疑応答を通じ、自身が置かれた現状の確認作業を兼ねる点が挙げられます。延滞が日常化から遅延損害金の累積が止まらず、日々督促に怯える状況に置かれれば、誰もが冷静な自身を見失って当然です。果たして自身の経済力はどうなのか、負債総額に対しての返済能力はどうなのか、未来に向けてのライフプランはどうなのかなど、問題解決に必要な重要点を見失ったままでは、当然根本的な解決は望めません。

無料相談に臨むに際し、借金の状況を証明する書面や督促状を準備すれば、恐怖感や不安感と同時に数値面の現状が嫌でも視界内に入ります。同時に専門家である弁護士は、相談者との質疑応答を通じ、実際の返済能力を見極めつつ、ベストな債務整理法方法を選択から提案してくれます。既に精神的に追い詰められた債務者の自問自答では導き出せぬ、根本的な問題解決に向けての第一歩はやはり、専門家への相談以外に見当たりません。

無料相談を通じ、自身が同日まで借金問題を引き摺り続けたが故に、結果として膨らんでしまったデメリットを痛感する場面も避けられませんが、ここから目を逸らしてはなりません。

危険な借金問題の放置

Published / by 管理人

借金問題が深刻化を増す中、自身で何らかの解決策を探し続ける中、多くの方々が断片的に捉えるのが「時効」すなわち逃げ切ってしまう選択肢です。確かに借金には「消滅時効」なる時効が法的に認められており、その期間は借金の内容によって異なりますが、概ね数年から10年と設定されています

ですが一般的な犯罪者が警察から逃げ切っての時効とは異なり、債務者である自身が債権者に対して消滅時効の権利を行使する、法的に必要な手続きなどが求められ、単に放置し続けるだけでは時効の成立はありません。

更に情報社会の現在から未来に向け、自らが第三者の目には不自然と映らぬ日常生活を営みつつ、債権者からの督促や取り立てを交わし続ける事は現実不可能です。家族や職場に知られては一大事と、問題を自身1人で抱え続けつつ、上記の中長期的な年月をやり過ごせる訳がありません。何よりこうした借金問題の放置に対しては、給料の差し押さえや預貯金の凍結など、いわゆる強硬手段が法的に認められており、そちらの処置が届くのが早くて当然です。借金問題を自身だけで隠し通す事は実質不可能と理解の上、一刻も早く然るべき専門家である法律事務所への相談かベストな初期対応です。

無料相談を活用する

Published / by 管理人

通常弁護士に何らかの相談を持ち掛ける場合、時間当たりに相談料が発生し、その金額設定は弁護士毎に異なりますが、相応の費用負担が避けられません。特に借金問題で経済的に逼迫している場合、この金銭的負担も辛くて当然であり、結果このハードルの前に弁護士へのSOSを発信出来ぬまま、時間の経過と共に状況を悪化させてしまう債務者も、潜在的に少なくありません。

何よりこうした現状を知る弁護士は、債務者の窮状打開と自身への正式な依頼者の獲得双方の目的から、積極的に無料相談の機会を設け、借金問題のみならずさまざまな悩み相談や問題解決に向けてのアドバイスに力を注いでいます。無料であれば敷居の高さに窮する事無く、自身の窮状を弁護士に伝える事で、自身では見い出せなかった具体的な解決案を提案してもらえるのみならず、実際に正式に解決を依頼した際の料金面の説明などもあり、諦めモードだった問題解決への意欲を取り戻せるメリットも見過ごせません。

借金問題は放置の先には破綻しか待っていないトラブルであり、裏を返せば弁護士の力を借りる事で、必ず何らかの解決策に辿り着ける問題です。大切なのは現実から目を逸らさぬ強い意志を失わず、この問題を一旦クリアの上、仕切り直しの未来に向けての人生を歩み続けようとする「決意」に他なりません。無料相談を行う弁護士を探して、一日でも早く対策を練りましょう。