危険な借金問題の放置

借金問題が深刻化を増す中、自身で何らかの解決策を探し続ける中、多くの方々が断片的に捉えるのが「時効」すなわち逃げ切ってしまう選択肢です。確かに借金には「消滅時効」なる時効が法的に認められており、その期間は借金の内容によって異なりますが、概ね数年から10年と設定されています

ですが一般的な犯罪者が警察から逃げ切っての時効とは異なり、債務者である自身が債権者に対して消滅時効の権利を行使する、法的に必要な手続きなどが求められ、単に放置し続けるだけでは時効の成立はありません。

更に情報社会の現在から未来に向け、自らが第三者の目には不自然と映らぬ日常生活を営みつつ、債権者からの督促や取り立てを交わし続ける事は現実不可能です。家族や職場に知られては一大事と、問題を自身1人で抱え続けつつ、上記の中長期的な年月をやり過ごせる訳がありません。何よりこうした借金問題の放置に対しては、給料の差し押さえや預貯金の凍結など、いわゆる強硬手段が法的に認められており、そちらの処置が届くのが早くて当然です。借金問題を自身だけで隠し通す事は実質不可能と理解の上、一刻も早く然るべき専門家である法律事務所への相談かベストな初期対応です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket